国語の文章題攻略法!3ステップで国語力を付ける方法

国語の文章題がどうしても苦手です

選択問題と記述問題でどうしても点数がとれずにこまっています

漠然としたアドバイスではなく

具体的にこうすれば国語力が上がるというという方法ありませんか?

<記号問題>攻略法

  1. 選択肢を見る前に、問題文だけ読んでまずは「大方こういう答えだろう」という答えを自分で考える。
  2. 選択肢を要素分けする
  3. 分けた選択肢の文の要素が全て問題と合っていたら丸

まずは一意な答えを探す。

一般に間違った答えは「だいたい合っている」のだが、一部が間違っているので間違いなケースが多いです

雰囲気だけで選ぶのは絶対NG

最初から消去法は時間の無駄です

分からなかった場合は消去法。

「間違った要素」が入っているものを見つけて、外堀を埋めて行きます

最後2択や3択になったら、問題文をもう一度読み返すこと。

<抜き出し問題>攻略法

  1. 問題文から探し出す前に、大体の抜き出される答えを自分で考える。
  2. 傍線部の近辺をよく読む
  3. 読んだ部分から自分なりの答えと似通った部分を探し抜き出す

<記述問題(論説文)>攻略法

  1. 「問題文で何が問われているか」を間違いなく把握する。的外れな事を書いたら何しても0点
  2. 本文で答えに該当する箇所を探し、選んだ箇所が問題文の説明になっているか確認する
  3. 自分の言葉で言い換える

本文で「」付きの言葉は絶対に引用しないこと

本文中の言葉を引用してもいいが、採点官に意味をわかってもらえるかを常に配慮してください

最後に問題文と自分の回答を必ずもう一回見直します

簡単な文法ミス、誤字脱字、同じことを2回説明していませんか?

客観的に自分の答えを採点してみてください

<記述問題(物語文)>攻略法

  1. 「問題文で何が問われているか」を間違いなく把握する。的外れな事書いたら何しても0点です
  2. 「気持ち」や「なぜ」を書くとき、【背景→キッカケ→気持ち】を必ず書く
  3. 書き終わったら必ず読み直して、文章がおかしくないか確認

3つすべてを書く必要があり一つでも抜けていたらダメです

なんでその気持ちになったかを順を追って説明してください

問題文は素直に読み込み、メタの視点で読んではいけません

内容を自分本意で考えないこと

ここで気をつけたいのは、簡単に感情を理解できる物語背景であるかどうかで、

主人公の価値観と自分の間にズレがあると、素直に読み込むことが難しくなります。

(町と村の間のヒエラルキーなどが定番)

最後に問題文と自分の回答を必ずもう一回見直す。

簡単な文法ミス、誤字脱字、同じことを2回説明していないか?

【背景→キッカケ→気持ち】に漏れがないか?

客観的に自分の答えを採点してください

<細かなテクニック>

「」付きの言葉の意味は主に3つです

  1. 引用
  2. 強調
  3. 本来の意味と少し違うその特定の文脈で表現される言葉という記号

例えば

『我々にとって「正しい」○○○、大人が教えてきたのと全く同じように、

子供が行動したらどうなるだろうか?』

このときの○○〇に入る接続詞は?

という問題が出てくると、「ん?」と手が止まってしまいがちです。

その時に「『正しい』の言葉の意味を平たく説明しているんだな」という読み取りができ、

○○〇には「つまり」などの説明するときの接続詞が入ることがわかります

記述問題をやらなきゃなのに時間がない!そんな時は?

採点官は「要素」や「単語」で部分点をつけます。

あと数分!あと数秒!

急いで記述を書かなきゃいけない時は、とにかく該当してそうな本文中にある言葉を引用して、

適当でも構わないのでに接続して文にしましょう。

自分の言葉で急いで書くよりも、引用してそれらしくする方が部分点が取れます

以上の3ステップを意識して解答することで

劇的に国語の回答率はあがります

勉強のお役に立ててください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA