右巻き?左巻き?そこには不思議で面白い色々な理由が隠されていた!!

まわっています

自然界にある多くのモノが回転したり、

ねじれたりしています。

自然の中で円や正方形等

幾何学形態を見つけるのが非常に難しいように

まっすぐのびたり無回転のモノを探すは

非常に難しいものです。

ほぼ必ず右回りか左回りにまわっています

しかし、なぜ右だったり左だったりするのでしょう?

そういう自然界すべての事は何か大きな力で

制御されてそうですが、

一体どうなのでしょう??

幾つかの例を挙げて考えてみたいと思います。

地球の自転公転

f:id:surasura2525:20190601154751j:plain

地球は、反時計周りに自転し、

反時計回りに公転しています。

どちらも反時計回り。

ちなみに、太陽系の惑星は全て同じ。

・・・と言いたいところですが、金星だけ逆向きに自転しています。

しかも超ゆっくりと。

他の惑星がほぼ24時間以内で自転している中で

金星だけが116日もかけて反対周りに自転しています。

理由は、ジャイアントインパクト。

太陽系創世記に他の惑星と同じく

反時計回りに廻っていた金星ですが、

どこぞの大きな小惑星にぶつかってしまい

回転方向がかわってしまったのです。

そんな特殊な例の金星を抜けば、

公転も自転も太陽系は全て反時計周りです。

ではなぜ反時計周りなのか?

それは、太陽の自転が反時計周りであるため。

ではなぜ太陽は反時計回りなのでしょうか?

太陽はでき始めたころ、他の恒星や惑星と同じく

塵やガスが集まった状態でした。

その状態で回転を始めるのですが

最初は、物質が右回り左回り混在して回っていましたが、

全体として、たまたま左回りの方が少し多かったため、

その力に引きずられるように、

右回りの塵やガスは、反対にまわるようになり、

結果的に、すべての塵やガスは反時計回りに廻りました。

たまたま太陽を構成する塵とガスに

反時計回りのモノが多かったという理由で、

太陽の自転方向が決まり、

その引力に引かれて、廻り始めた惑星もその力にひきっぱられ

反時計回りに公転と自転を始め、

現在のように、反時計回りの太陽系が出来上がりました。

つまり、地球の自転公転は

たまたま

決まった太陽の自転が原因だったわけです

台風の渦

f:id:surasura2525:20190601155010j:plain

もう少しスケールダウンして次は台風の渦の向き。

これも太陽系と同じ反時計周りです。

覚えていますか?

コリオリの力

です。

コリオリ力について説明すると長ーくなるので、

ココでは省略。

簡単に言うと

「反時計回りの地球上で、

風が低気圧中心に向かって進む際に

コリオリ力をうけ、進行方向に対し右

にずれた点に到達するため」

です

簡単に書けないけど、まあよしとしましょう笑

つまり台風は地球の自転の影響を受けて

反時計回りに渦が出来ているのです。

つまりこれも元をただすと

太陽の自転

が原因。

 鳴門の渦潮

鳴門の渦潮は、右回り左回り両方あるようですが、

右回り(時計回り)が多いです。

渦潮のできる理由は下の図の通り

※鳴門渦潮公式ページより借りました

満ち潮の時の潮の流れ

f:id:surasura2525:20190601162532j:plain

引き潮の時の潮の流れ

f:id:surasura2525:20190601162537j:plain

つまり両方の渦ができるのですが、

地形的に、満ち潮の時は淡路島側に、

引き潮の時は、鳴門側に渦ができやすいので、

右巻きの渦潮ができる確率の方が高いそうです。

渦潮で右回りが多いのは、

鳴門海峡の海の底の

地形

がその理由です。

水の排水の渦

f:id:surasura2525:20190601164556j:plain

「これは知っている!これも台風と同じコリオリ力。

北半球だと左回り、南半球だと右回り、

しかも赤道直下だと廻らないんだよね!YOUTUBEでみた!」

と思った方・・・・

不正解です。

コリオリ力は、非常に小さな力です。

台風位の大きな範囲でないと力の存在が分からないくらい。

コリオリ力で水の排水の渦の向きは決まりません。

排水の渦の向きは、その水が溜まっている時の

水の流れの状況によって異なります。

溜まっている水がほんのゆっくりであっても

右回転なら右

左回転なら左に渦を作ります。

数時間放置して完全に止まっている状況なら渦を巻きません。

排水は、渦を巻いて中心から配管の空気が抜ける方が

排水スピードが速いため、

洗面器やキッチン、浴槽等は、水を流した時に

ボールや浴槽自体にどちらか一方に流れができるような

すり鉢形状させることで早く排水できるようにしています。

つまり、排水の渦は人為的な

工夫

によるものです。

ペットボトルの水を抜くのも、

巻き方向に決まりはなく、

蓋を開けた時点で水が回転している方向に渦を作ります。

水は、渦を作っている方が早く抜けるので、

ペットボトルをクルクル回して

渦を作ってから蓋を開けると水は早く抜けます。

植物のねじれ、つるの巻き

私自身も疑問に思っていた植物のねじれ。

植物のねじれは、大きく二つあって

松や梅、桜など多くのに見られる

木の幹のねじれ

f:id:surasura2525:20190601165541j:plain

朝顔などのツルの巻き

f:id:surasura2525:20190601170128j:plain

木の幹のねじれとつるの巻きの理由は異なります。

木の幹のねじれ

私がずーっと疑問に思ってきた

木の幹のねじれは、

「風の向き」

が主な要因とされています

強く風が吹くと、倒れないためにそれに対抗する必要があります

木に限らず、まっすぐなものよりもねじれている方が

横からの力に強い性質があります。

雑巾はそのままだとふにゃふにゃですが、

絞った形にすると固くなる

そんなイメージです。

つまり、風が強く吹く場所に立っている木は

それに対抗するため、幹をねじらせ

対抗しているのです。

つまり、幹のねじれ方向は、その地の風の吹き方によって決まります。

風の向きは、その地の場所や気候によるので、

偶然とも必然共言えるかもしれません。

つるの巻き

つるの巻き方は、ダーウィンも研究した

なかなか難解な問題の一つです。

おおよそ右巻きをしています。

ダーウィンは、太陽の動きによって決定している

と研究結果を発表していますが、

実は、南半球だとこの研究は成り立たず

誤りであることが分かっています。

では理由は?

「DNA」

です。

つるの巻き方は、遺伝情報で決まっており、

右巻きの子供は右巻き、左巻きの子供はです。

朝顔は、右巻きしかいないので

子供も右巻き、子孫はずーっと右巻きです。

ちなみに、巻貝の巻き方もつると同じく

「DNA」が原因です。

右巻きと左巻き

右巻き左巻きと様々ありましたが、

大きな共通の力によって決められているわけではなく、

理由は様々です。

そのものそのものでそこには異なる理由や原因があり、

それによって、自然と巻き方が決まっている

とっても不思議で、とっても興味深いものです。

身の回りにある、クルクル巻いたものを探して

原因や理由を探ってみると新たな発見があって面白いです。

自由研究にぴったり!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA